真珠について よくある質問 Q&A

Q. 本真珠とイミテーション(模造品)を見分ける方法はありますか?

A. 真珠と真珠を軽く擦り合わせてください。本物は擦り合わせるとザラザラとした抵抗を感じ取ることができます。
模造品はツルツルとしていて玉同士が滑ります。
模造品は真珠に似せた液体をプラスチックなどの球体に塗る手法がほとんどです。

Q. 真珠ネックレスの金具が黒く変色してきました。取り替えてもらうことはできますか?

A. 有料となりますがお取替えは可能です。真珠ネックレスの金具(クラスプ)には、一般的にシルバー製(SV925)が使用されます。
シルバー製クラスプにはロジウムというメッキが施されます。
このメッキを施すことで、キズへの耐久性を高め、シルバー特有の変色を防ぎます。
しかし、長い間にメッキが剥がれ、変色が見られるようになります。
当店にお持ち頂ければ3000円ほどで新しいクラスプにお取替えいたします。

Q. お葬式にホワイトパールを身に着けてはいけないですか?

A. ホワイト系の真珠を身に付けて頂いても全く問題ありません。
ただし、仏事にはゴールデン(黄色)系の真珠は控えてください。
また、南洋真珠やバロック(異形)は身に着けてはいけません。
ネックレスの長さもチョーカータイプ(40cm前後)を身に着けるのが常識です。

Q. 喪服の装い方で、装飾品は身に着けないのが常識と聞いたことがあります。

A. 洋装の喪服には何かしらの装飾品を身に着けるのが正式なドレスコードとなります。
(お着物の場合は冠婚葬祭かかわらず装飾品は身に着けないのが一般的です。)

Q.祖母から真珠のネックレスを譲り受けることになったのですが、
所どころにヒビ割れがあり、黄色味も気になります。
直すことは可能ですか?

A.一度、変色してしまった真珠を元に戻すことはできません。
ヒビ割れが見られるということは、かなりの年月を経たお品物ということです。
真珠はダイヤモンドなどの鉱物とは異なり、経年変化を伴う宝石です。
「着用後の手入れ」と長時間、光にさらさない「保存管理」がもっとも重要となります。
当店では、出来る限り経年変化を遅らせる「PS加工」をお薦めしております。

 

Q.真珠のネックレスの購入を検討中ですが相場が全然分かりません。

A.一概に「相場」と言うものは存在しません。
真珠は「大きさ」「テリ」「巻き」と言う3つの要素で販売価格が異なります。
同ランクとされる真珠でも販売店によって価格は異なります。
ショッピングモールなどで、定価の 50%off というものを散見しますが、
割引後の価格がそもそもの売りたい価格といったところでしょう。


 

>真珠を劣化から守る「PS加工」

>真珠のお手入れと注意点